アイディア

狭小地に家を建てるときには、アイディアが必要です。狭い空間であっても、広く活用できる術があれば、快適な暮らしを実現することができます。アイディア豊富な業者に依頼しましょう。

Read More

違いを理解する

狭小地に注文住宅を建てるときには、2つの選択肢があります。設計事務所に依頼するか、工務店に依頼するかです。この2つの違いをよく理解してから、依頼するようにしましょう。

Read More

バリアフリー化

注文住宅を建てるときには、今後の将来についてもしっかり考える必要があります。狭小地の場合は、特に二階建てや三階建てが多くなるので、バリアフリー化も検討しましょう。

Read More

オススメリンク

様々なメリット

狭小地に建てる狭小住宅が人気を博しています。
その理由は、何よりも安価で新築の一戸建てを建てることができるからです。
狭小地とは明確な定義はありませんが、20坪もしくは15坪に満たない土地のことを指します。そのため、安く購入することができます。
また、狭小地は複雑な形をしていることも多く、その周辺の土地相場と比較して、安価である場合も多いです。
これだけ聞くと問題があるように思えますが、しっかりと設計すれば暮らしには何の不便もありません。
狭小住宅は増えており、それだけアイディアも蓄積されつつあります。設計事務所や工務店によっては、その土地の形を活かしたデザイン性の高い住宅の設計をしてくれることもあります。
特に都心部に住宅を構えたいという憧れを持つ人にとっては、非常に有用です。
都心部であっても、狭小住宅であれば費用は大幅にカットすることができます。もちろん、メリットはそれだけではありません。
税金や維持費なども抑えることができるのです。固定資産税などは小さい家であれば、負担が少なくすみます。狭小住宅は手入れに手間もかからず、修理や補強などに関する負担も小さいです。
また、資産として残るという点も多きなメリットです。狭小住宅であっても、やはり新築であればその分資産価値は高くなります。住宅を持っていることで、信用も得ることができ、ローンなどを組みたいときにも有利になります。様々なメリットがあり、デザイン性も高い狭小住宅は、このような理由から人気を博しているのです。